主任 土田 将之

リハビリテーション科
主任
土田 将之

土田 将之

●経歴●
理学療法士として療養型病院で神経内科、脳血管を中心とした疾患に対応する傍ら、大学院の修士課程を卒業。日本理学療法士協会で学会運営等に関わった後、2016年当院に就職。同年、リハビリテーション科主任に着任。現在、臨床とリハ科の管理を同時に行ないながら、大学院博士課程に通う。

土田 将之 

■入職した経緯
私は理学療法士という仕事をもっと世間に認知してもらいたくて理学療法士協会に入職しました。学会の運営や職域の拡大に関わる事業に携わっていたのですが、臨床からは離れてしまいます。「患者さんが目の前にいてこそのセラピストだ」という思いが強くなり、現場に戻ろうと決めたのが当院に入職したきっかけです。見学のときから事務長やスタッフのみなさんは優しくて、病院から見える景色と風通しの良さが、そのまま院内の人間関係に反映されているような印象を抱きました。雰囲気がとても良かったのですぐに入職を決めたんですよ(笑)。新しく入ってきてくれる皆さんには、この職場の雰囲気をさらに良くしていけるよう、患者さんだけでなくスタッフに対しても思いやりを持って、助け合いながら働いて欲しいと思います。

■よこすか浦賀病院の立ち位置
当院は横須賀市の東ブロックにおける地域包括ケア拠点病院という位置づけにあります。 “地域の住民”だった人が病院に来て“患者さん”になる、“患者さん”が治療を受け再び“地域の住民”に戻っていく――そうしたサイクルのなかで、私たちは「地域の方を地域に帰す」という役割を担っています。大学病院のような超急性期や超難病の患者さんはいらっしゃいませんが、地域の皆さんが日常的に困っている疾患や病気、怪我はしっかり経験できます。将来的に在宅で活躍されたい方も学べる環境です。

土田 将之 

■教育について
入職者にはマンツーマンのプリセプター制度で指導を行っています。プリセプター同士で定期的に集まって、教育の進捗状況を話し合いながら一人ひとりをフォローしているんですよ。ほかにも、当院が所属するTMGには研修体制が整っています。定期的な研修がありますので、そういった制度を活用しながらスキルアップを図ってもらっています。ブランクのある方には、最初は患者さんの数を調整するなどして徐々に慣れていってもらいます。9月からは脳血管リハが始まりましたし、不安のある方は逐一ご相談ください。特定の手技に限定することもありませんしね、根拠があればどのような治療を施しても結構です。チャレンジしたいことがあればバックアップする土壌は整っています。

■働く魅力
人生のライフステージの中で、働き方は変化していきます。結婚出産は言うに及ばず、親の介護が始まることもあります。当院はTMGという大きな組織のメンバーでもありますので、たとえば出産や育児に関しては産休育休をはじめ、就学までの時短勤務、託児所といったサポートが充実しています。独身の方には独身寮を完備しています。親の介護に関しての相談にも乗りますし、定年後のリスタート制度も整えています。そうした意味で、当院は“一生現役”で働き続けられる環境だと思っています。私のように大学院に通いながら臨床研究をやっているケースもありますからね、さまざまな人が、さまざまな働き方のできる職場です。

page top